ログイン ID:   パスワード:   IDとパスワードを記憶    
>> ブログ(活動報告)
メインメニュー
サイト内検索

2009年12月31日(木曜日)

プレゼント♪

カテゴリー: - naramama @ 23時09分05秒

2009年も残すところあとわずか・・・

神戸市動物管理センターの譲渡候補犬たちに、
年末に2つのプレゼントをいただきました。

まずはクリスマスに、たくさんの首輪!
スナップ式のものですが、抜けにくいものを選んでいただき、
たくさんの方々のお気持ちをあわせていただいて、
ご寄贈いただきました。

中塚先生をはじめ、ドルチェカーネ中塚の教室の皆様、
株式会社ペピィさん主催パピー教室開催プログラムのメンバーの皆様、
大阪ペピイ動物看護専門学校の講師、職員の皆様、
本当にありがとうございました。
大切に使わせていただきます。

また、一年最後の今日、ボランティアのTOUTOUさんより、
年末年始をセンターで過ごす犬たちに、犬用ケーキのプレゼントが!

今年も多くの方々のご支援・ご協力のもと、
CCクロの活動を進めていくことが出来ました。
来年も、さらなる飛躍に向けて頑張っていきたいと思います。

皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。


2009年12月20日(日曜日)

神戸アニマルケア国際会議終わる

カテゴリー: - naramama @ 15時41分50秒

先週の週末は、神戸で「神戸アニマルケア国際会議2009」が開催されました。
JAWSCCクロも「シェルター動物のケア?より良い譲渡に向けて?」というワークショップの中で、
発表させていただく機会に恵まれました。

発表内容は、CCクロの活動の趣旨や実際のボランティア活動、作業風景などの紹介、
今後のさらなる発展に向けての課題、をまとめました。

センターにいる犬たち1頭1頭にきめ細かいケアをしていこうと思うと、
人手の確保は欠かせません。
でも、ボランティアのみなさんが毎日毎日センターに来られるわけではありません。
みなさんが限られた時間の中で、自分に出来ることを確認できたり、参加していただくからこそ実感していただけるやりがい、
犬の命を助けるだけでなく、助けた命を幸せにしたい、その犬を迎えてくださったご家族にも幸せになっていただきたい、
そして、それを社会全体の幸せにつなげたい・・・それらが神戸の譲渡の質を維持することにつながっているのだと思います。

ボランティア運営についても触れました。
公の施設での活動ゆえに、「制約が多くて堅苦しい」という声もこれまで耳にしてきました。
でも、ボランティア活動であっても他のどんな活動であっても、
それがひとつの集団、社会の一単位としての集まりである以上、みんなで守るべきルールは必ず存在しますよね。
みんながみんな好き勝手なことをしていては、一貫性も統一性も、守るべきルールも破綻してしまいます。
CCクロは、あそびでやっているのではなく、動物の福祉を人間の福祉にもつなげていくという
大きな目標を持って活動している団体です。(活動の中の、犬とあそぶところでは大いにあそんでもらって結構なのです!!)

これからも、ひとりでも多くの方にCCクロの活動の趣旨を理解していただき、
協力していただければありがたいなと思っています。


13 queries. 0.029 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

月別過去ログ
検索
お問い合わせ | サイトマップ
Copyright (C) 2007-2014 神戸市動物管理センター譲渡事業支援ボランティアグループ「CCクロ」 : Produced by 1st-net