ログイン ID:   パスワード:   IDとパスワードを記憶    
>> ブログ(活動報告)
メインメニュー
サイト内検索

2013年1月20日(日曜日)

ボランティア勉強会

カテゴリー: - naramama @ 23時41分39秒

今日のボランティア勉強会では、ブラッシングについて理解を深めました。
ブラシの使い方も自己流でおこなっている人も多いのではないでしょうか?
この機会に正しい使い方を知り、犬のケアに役立てていけるようにしたいですね。

まず最初は、長毛犬種を代表して、スタッフ犬に登場してもらい、スリッカーブラシの使い方のレクチャーから。
講師は、CCクロのトリミングチームスタッフですっ!

おとなしく落ち着いている子はやりやすいのですが・・・
さてさて、譲渡犬たちはどうでしょうか?

「私をきれいにしてね!」とマルチーズの「まる」は、トリミング台の上では
とても落ち着いています!

じっとしているのが苦手な子も、体を支えてあげることで、落ち着いてきます。

ラバーブラシの使い方もおさらいしておきましょう。
「そら」は気持ちよくなって、うっとりしていました。

筋肉質な「エナ」は運動好きな飼い主さんを待っています!
ブラッシング中も、かまってもらっているのが嬉しくて常にしっぽフリフリ。

ブラッシングは、単に犬をきれいにケアするだけでなく、大事なコミュニケーションでもあるんですね :-)


2013年1月17日(木曜日)

震災から18年

カテゴリー: - naramama @ 21時41分28秒

今日で阪神淡路大震災から18年。
亡くなられた方と動物たちのご冥福をお祈りしたいと思います。

そんな、忘れられない日に、毎年、神戸市動物管理センター動物慰霊碑に花束が届きます。
18年前、阪神淡路大震災で被災した動物たちの救護活動ボランティアに参加してくださっていた方が、
今も忘れずに関東から花束を送ってくださるのです。
当時のボランティアさん宅に送ってくださり、そのボランティアさんが慰霊碑に持ってきてくださいます。

日々の忙しさに、流されがちな毎日ですが、
今日は被災された方々や動物たちのことを思って、慰霊碑に手を合わせました。


2013年1月14日(月曜日)

募金活動

カテゴリー: - naramama @ 21時48分31秒

1月13日(日)、東灘区民センターうはらホールにて、『白い雲のかなたに』のオペラ終演後、
福島県動物救護本部支援のための募金活動をさせていただきました。

『白い雲のかなたに』というオペラは、阪神淡路大震災を題材にされたオペラで、
家庭犬しつけインストラクター・中塚圭子先生のご主人の中塚雅敏さんが作られたオペラです。
中塚さんが主宰されている神戸室内オペラオペラの主催で、募金活動に参加する私たちもオペラを観賞させていただきました。

もうすぐ、阪神淡路大震災から18年。
こんなに時が流れてしまったのかと思うほど、昔のように語られがちですが、震災のことも、震災から立ち上がったことも、
全国からいただいた支援のことも、忘れたくないですね。

まだ記憶に新しい東日本大震災ですら、遠い地方のこととして、関西の人々の関心が薄れてきたように思います。
毎月、三宮で街頭募金をしていて感じる、率直な思いです。

でも、今回のうはらホールでの募金では、本当にたくさんの方々にご協力いただき、
63,429円の募金が集まりました。
神戸室内オペラ様より福島県動物救護本部に送金していただきます。

2月の日程は未定ですが、来月も募金活動、がんばります :lol:


2013年1月12日(土曜日)

待つということ

カテゴリー: - naramama @ 12時50分56秒

1月10日(木)、11日(金)の2日間、CCクロのスタッフは犬の勉強に出かけておりました。
栃木県にあるアニマルファンスィアーズクラブ(A.F.C)を主宰しておられる佐良直美先生が兵庫県に来られ、
ワークショップと講演会でたっぷりと犬や猫のお話を聴かせていただきました。

参加者の方からの「野犬の子犬は保護されてもなかなか慣れないと聞きましたが、絶対に慣れないのでしょうか」という質問に対して、佐良先生のご回答は、CCクロのボランティアさんにも、これから子犬を迎えようとしてくださる方にも是非聴いていただきたいな、と思いました。

佐良先生は、「時間はかかりますが、慣れます」と一旦言われたうえで、とてもわかりやすく話してくださいました。
「警戒心の強い野犬の子は、とにかく新しい環境だったり人の動きだったり、あらゆるものが怖いのです。
犬が怖がっているのに、人間は、特に犬を飼ったことのある人やしつけのことをある程度知っている人間は、
『大丈夫よ』とか、『怖くないよ』なんて言って、犬が嫌がるのに無理やり近づいたり、触ろうとするんです。
そんなことしてたら、ますます犬は怖がるんです。一番良いのは、放っておくこと、無視することです。
犬が自分で動くまで『待つ』のです。
人間が『待つ』ことができるかどうかなのです」

CCクロのボランティアの皆さんには、野犬の子犬が保護されるたびに、『追いかけて捕まえない』など、みんなで接し方を確認してきましたが、改めて先生の説明を聴いて、自分たちの行動を振り返ってみるのもいい機会だな、と思いました。

みなさん、ご自身に思い当たることはありませんか?
『私ならなんとかできる』とか、『ぼくなら大丈夫』と思って、
怯える犬を無理やりさわろうとしたことはないですか?

『待つ』ことが出来て、犬のほうから近寄ってきたら、そっと犬の好きな食べ物をひとかけらずつ与えると、
「この人はいい人だ!」と犬が自ら学習してくれるんですね。

こちらの譲渡候補犬の『つきみ』です。
CCクロのみんなで根気強く『待つ』ことを心がけ、今ではずいぶん慣れてきましたが、
元来怖がりな性格ですので、お家の中で怖い思いをすることがないよう、
大切に育てていただけるご家庭を募集しています!


2013年1月9日(水曜日)

散歩でパチリ

カテゴリー: - naramama @ 23時56分38秒

新年おめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします

年末年始の長い休暇も終わって、日常が戻ってきた方も多いのではないでしょうか。
CCクロは365日休まず活動しておりますので(お正月もゴールデンウィークも休みではないのです :cry:)、
お仕事がお休みのボランティアさんが駆けつけてくださいます。
しかし、今日のボランティアさんはおひとりだけだったので、スタッフとともにフル回転で
犬たちの散歩に行っていただきました!

もうすぐ生後4カ月になるクララは、年末年始の間、ボランティアさんのお宅に
「ホームステイ(一時預かり)」させていただいていました。
リラックスして過ごさせてもらっていた様子が、預かりボランティアさんのブログで
紹介されています♪是非ご覧くださいね!

  『赤い糸、結ぼう。』http://petpetpet.exblog.jp/


散歩でパチリ

カテゴリー: - naramama @ 23時56分03秒

新年おめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします

年末年始の長い休暇も終わって、日常が戻ってきた方も多いのではないでしょうか。
CCクロは365日休まず活動しておりますので(お正月もゴールデンウィークも休みではないのです :cry:)、
お仕事がお休みのボランティアさんが駆けつけてくださいます。
しかし、今日のボランティアさんはおひとりだけだったので、スタッフとともにフル回転で
犬たちの散歩に行っていただきました!

もうすぐ生後4カ月になるクララは、年末年始の間、ボランティアさんのお宅に
「ホームステイ(一時預かり)」させていただいていました。
リラックスして過ごさせてもらっていた様子が、預かりボランティアさんのブログで
紹介されています♪是非ご覧くださいね!

  『赤い糸、結ぼう。』http://petpetpet.exblog.jp/


21 queries. 0.051 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

月別過去ログ
検索
お問い合わせ | サイトマップ
Copyright (C) 2007-2014 神戸市動物管理センター譲渡事業支援ボランティアグループ「CCクロ」 : Produced by 1st-net