ログイン ID:   パスワード:   IDとパスワードを記憶    
>> ブログ(活動報告)
メインメニュー
サイト内検索

2009年1月17日(土曜日)

震災をふりかえる

カテゴリー: - naramama @ 19時16分13秒

14年前の1月17日。
神戸を、大地震が襲った、あの日。
毎年1月17日になると、やはり思い出さずにはいられません。

救護活動は人間が優先され、動物の救護に奔走すると、
「人が大変なときに、何が動物だ」という非難の声を浴びながら、
それでも被災動物たちの救護に尽くされた方々がおられました。

神戸市動物管理センターも被災動物救護センターとしてフル回転。
職員、県や市の獣医師会の先生方、そして、数多くのボランティアの方々が
動物救護に携わってくださいました。

そんな震災ボランティアのおひとり、東京のN様が毎年この日に花束を送ってくださいます。

家を、家族を、大切なものを失った人々の思いは、決して風化させることなく、
次の世代へ伝えたい。

現在、CCクロのボランティア活動に参加しているメンバーで、
震災当時の救護活動を経験して人はほとんどいませんが、アドバイザーのお二方が今もなおCCクロの活動に携わってくださり、
私たちも当時の活動を語り継いでいく役割をいただいています。

今日の活動に参加したみんなで、一日の終わりに黙祷をささげました。

改めて、震災で亡くなられた方々、動物たちのご冥福をお祈りいたします。


コメント

このコメントのRSS

  1. 偶然、1/17がセンターに行く曜日で、黙祷をすることができて良かったです。
    亡くなられた方々、動物たちへのご冥福をお祈りすると共に、今ここでセンターの活動に参加できることに感謝します。

    Comment by ミルククッキー — 2009年1月18日(日曜日) @ 21時48分01秒

  2. 私も17日はセンターでの活動を思い出して過ごしました。
    混乱の中、頼りになるのは人の絆。
    犬たちが紡いでくれたこの絆に感謝いたします。
    今日は言わせていただきたい!
    獣医師会の皆様、そして当時のボランティアの皆様、神戸市の職員の皆様、
    震災に携わった皆様、ありがとうございました。
    そしてそして、松田さん、ありがとうございました ;-)

    Comment by サリママ — 2009年1月18日(日曜日) @ 22時56分33秒

  3. 1.17は京都で学生をしていました。
    もう14年もたつのですね。
    あのときのことを教訓にひととひととが助け合い
    励ましあってがんばっていきたいものだと思っています。
    そして人生は有限だからこそ一生懸命生きたいと思った瞬間でした。

    Comment by h&sシャンプー — 2009年2月2日(月曜日) @ 22時13分44秒

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

16 queries. 0.037 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

月別過去ログ
検索
お問い合わせ | サイトマップ
Copyright (C) 2007-2020 神戸市動物管理センター譲渡事業支援ボランティアグループ「CCクロ」 : Produced by 1st-net